Record Active-U

門司港レトロ・下関 絶対訪れたいスポット

門司港は心躍る街のひとつで、レトロな街並みに惹かれるのはもちろん、
港町である事もポイント。近代建築が立ち並び、大正ロマンやハイカラなどの
言葉がよく似合う。ガイドブックに見開きページしか使わないのはもったいない。

下関に着いたら、まずは「ゆめタワー」へ直行しよう!下関駅からは歩いて10分ほど。関門海峡や下関市街をはじめ、門司港レトロを一望できる。展望室の高さは地上143メートル。西日本にあるタワーの中では最も高い。

下関と言えばふぐ、ふぐと言えば下関というほどで、現地では「ふく」と呼ぶ。活気に溢れる市場の近くには、新鮮なふくを頂けるお店が数多く並ぶ。発祥100周年を迎え、ますます賑わいを醸し出す。

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたと伝わる巌流島。正式な島の名前は船島。下関からは関門汽船で10分ほどで、現在は無人島。
歴史を感じられる観光地は興味深い。

大人も子供も水族館にはワクワク!下関の水族館ならでは点は、ふぐがたくさんいるところ。
マンボウの、のほほん具合がほのぼのとさせる。

門司港のレトロの玄関、門司港駅。
駅舎は大正3年に建築された九州最古の木造駅舎で、国の重要文化財に指定されている。自動改札設置の提案が出たときには、レトロなイメージを壊すとして地元から反対意見が多数出たが、塗装を茶色にする事で同意ができた。

海峡プラザは、門司港のお土産やレストランなどが入る商業施設。
その前に建つのはバナナマン。門司港がバナナの叩き売りの発祥の地であることから。明治初期に輸入されるようになったバナナ。長い渡航の間に傷ついたものを早く売りさばくために、始められたそう。
バナナ味のお土産は門司港土産の定番である。

NTT門司営業所内に、大正から昭和にかけての電信・電話機が数多く並ぶ。建物は大正13年に逓信省門司郵便局電話課庁舎として建設されたもの。門司の最初の鉄筋コンクリートの建物ということで、モダンな建物に非常に注目が集まった。

鉄道の歴史を楽しみながら学べる記念館。
運転シミュレーター、鉄道模型、車両展示場、
駅弁のデザインなど並ぶ。明治時代に建てられた赤レンガの重厚な建物の雰囲気も素敵。

門司港レトロ展望室から見る四季折々の景色は格別で、
その一瞬の時のパノラマは見る者を魅了する。ガラス張りの、
高さ103メートルの開放的な空間からは、関門海峡や眼下の
門司港レトロの街並みも見渡せる絶景のポイント。
ライトアップされた門司港の街も美しく、夜もオススメ!

Archive Shuffle

Archive Shuffle

About Record

Active-U RECORDのルールはたった一つ、それはコーディングをする事。画像一枚で表示するのはNG、それ以外は何でもOK。RECは雑誌やチラシではありません。ひとつひとつの記事が、Webページである事を明確にするには、コーディングが必須かつ、とても重要な作業と考えました。日々興味を惹かれた事を自分なりの方法で表現していきたいと考えています。
このサイトは「←・→」キーで前後の記事に、「↑」でシャッフル出来ます。

The rule of Active-U RECORD is only one. Codeing In a word, it is NG to display by one image. Besides, anything is OK. REC is neither a magazine nor a handbill.It was thought an indispensably and very important work to codeing so that an individual article might clarify the thing that was the Web page.It wants to express the interest every day and to express the matter that withers in by the method of my own way. ← → key to move to the next or previous page.