Record Active-U

リビングにもワークルームにも、やっぱり音楽がなくっちゃ!
とっておきのお気に入りアルバム、集めてみました。

エリック・クラプトンはこのアルバムの衝撃で、クリームからの卒業を決心し、レイラの制作に入った。
#5「The Weight」収録のファーストアルバム。

イントロから早くも名アルバムの予感が。
全体的にカントリー調に仕上げられた、1972年発表の4作目。自身を代表するナンバーである #4「Heart of Gold」は必聴。

”ジャケ買い”したくなる迫力満点のアートワークを裏切らない、アメリカ南部を彷彿させる泥臭いサウンドがタフ&ワイルドで、カッコイイの一言。#9「Fortunate Son」 #11「Who'll Stop The Rain」 #17「Have You Ever Seen The Rain」がオススメ。

代表作の「What's Going On」を差し置き、好みは本作。60年代モータウンサウンドは健在ながら、80年代のAOR到来を予感させるスウィートソウル。タイトルチューン #1「Let's Get It On」はファンキーそのもの。

ビートルズに対する、ロサンゼルスの回答と言われたバーズ。ロック史において、最初のカントリー・ロックのアルバムと位置付けられた本作。#1「You Ain't Going Nowhere」はボブ・ディランの作品。

彼の名を一躍有名にした1963年発表のセカンドアルバムで、初期の最高傑作。時代を感じるジャケットも美しい。 #1「Blowin' In The Wind」 #7「Don't Think Twice, It's All Right」はまさに歴史的名曲。

ポップに仕上げられた名盤は、ベルベッツらしからぬサウンド。 #1「Who Loves The Sun」 #2「Sweet Jane」

コステロワールド全開の、パンク色が強い1977年発売のデビュー作品。#1「Welcome to the Working Week」 #5「Alison」

Archive Shuffle

Archive Shuffle

About Record

Active-U RECORDのルールはたった一つ、それはコーディングをする事。画像一枚で表示するのはNG、それ以外は何でもOK。RECは雑誌やチラシではありません。ひとつひとつの記事が、Webページである事を明確にするには、コーディングが必須かつ、とても重要な作業と考えました。日々興味を惹かれた事を自分なりの方法で表現していきたいと考えています。
このサイトは「←・→」キーで前後の記事に、「↑」でシャッフル出来ます。

The rule of Active-U RECORD is only one. Codeing In a word, it is NG to display by one image. Besides, anything is OK. REC is neither a magazine nor a handbill.It was thought an indispensably and very important work to codeing so that an individual article might clarify the thing that was the Web page.It wants to express the interest every day and to express the matter that withers in by the method of my own way. ← → key to move to the next or previous page.